特別養護老人ホーム・短期入所生活介護 小規模多機能型居宅介護事業所      
社会福祉法人 壷中会

一人ひとりの個性を大切にサポートする ユニットケア

「ユニットケア」とは?
起床・食事・入浴・リハビリ・就眠・余暇など一律に決められた日課はありません。 生活の場面において入所者一人ひとりの個性を最大限尊重します。

 住まい

ユニットケアは、2F・3F4つの生活単位(ユニット)で構成され、ひとつの生活単位は居室とリビングからなる10人の住まいです。
リビングには、食器棚、流し、調理台、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ等々暮らしの必需品を取り揃えています。
居室には、使い慣れた家具や家電、思い出の品、好みの衣類などご自由にお持ちください。レイアウトも自由です。トイレ、洗面台は各居室に付いています。

 サポート

スタッフもユニットの担当制となります。なじみのスタッフにより一人一人に最適なケアを提供し、皆様の暮らしを支えていきます。

 食事

食事はリビングで提供します。毎食のご飯はリビングで炊き、炊き立てのご飯と調理場から届くおかずを皆で取り分けていただきます。ご自分の湯呑み、箸、茶碗、嗜好品などお持ちください。


 入浴
これまでの家庭の暮らしと変わらない入浴の環境を大切にしたいと考えています。
個人浴槽を各ユニットに一槽ずつ用意しました。お好みの湯加減でゆっくりと入浴していただきます。